ふるさと納税の年末の締め切りはいつまで?間に合う裏技は?

今年初めてチャレンジしたふるさと納税。

これまでは年収が分からないから
予想しながら少しずつ寄付をしていたけど

12月になって今年の年収が確定したから
限度額めいっぱおまでふるさと納税の寄付をしたい!

でも、12月になってふるさと納税をしたら
期限に間に合わなくて損することになりそうで不安…

なんてお悩みではありませんか?

ここではふるさと納税の年末の締め切りと
年末に寄付をしても間に合わせることができる方法を紹介しています

スポンサードリンク

ふるさと納税の年末の締め切りはいつまで?

ふるさと納税で自治体への寄付は
基本的に365日24時間いつでも申し込むことができます。

「寄付」をするという行為に
期限や締め切りというのはないのですが

私も含めてあなたが
ふるさと納税をする理由って
税金の控除が目的で、節税のためですよね?

税金の控除が目的で
ふるさと納税をしている場合は

税金の計算にかかわってくるので
寄付をする日に期限、つまり締め切りがあるわけです。

その税金の控除の計算は
年末調整や確定申告にて適用されるので

ふるさと納税の締め切りも
12月31日になるのです。

この年末の締め切りを過ぎて
ふるさと納税の寄付をすると

今年の控除にならず
翌年のふるさと納税の控除として
カウントされることになります。

なので、今年のふるさと納税の限度額を
限度額まできっちり使いたい!という場合は

12月31日の締めきりまでに
ふるさと納税の寄付をする必要があります。

ここで注意してほしいのが
ふるさと納税の締めきりは12月31日までだけど

12月31日にふるさと納税をしても
今年の寄付としてカウントされない という部分。

ふるさと納税の期限で年末のクレジットカード払いの注意点は?
年末になり、今年の収入が確定したからふるさと納税にラストスパートをかけようとおっている方必見です。クレジットカード決済で年末のふるさと納税ができる期限や注意点をまとめています。

ふるさと納税の締め切りは
申し込み日ではなく寄付金の受領日が
12月31日になっていないとダメなのです。

このことから、自治体によっては
締め切りの期限を前倒ししているところもあります。

特に、支払い方法が
払込票や銀行振り込みの自治体は
早い段階で締め切りになっています。

もし、年内に申し込みをしたとしても
入金するまでに期間があいてしまうと
今年の寄付金として処理できなくなってしまいます。

・クレジットカード …決済が完了した日
・銀行振り込み…指定口座に支払した日
・払込取扱票…指定口座に支払した日
・現金書留…自治体側で受領した日

このように、申し込み日ではなく
寄付金を支払った日や受領された日が
ふるさと納税をした日としてカウントされるので
年末は締め切りに注意が必要になってくるのです。

なので、年末にふるさと納税をする場合は
締め切りに間に合わない場合もあるので
クレジットカード決済をするのがおすすめです。

銀行振込や郵便振替で支払う場合は
自治体からの払込票が届くのを待たなきゃいけなかったり

土日祝日等で、金融機関が
お休みの時があるなど手続きに時間がかかります。

そのためどの自治体も
12月上旬から半ばで本年度分のふるさと納税は
締めきることが多いです。

なので、年末はクレジットカードで
ふるさと納税に申し込みましょう。

そうすれば年末ぎりぎりの寄付でも
締め切りに間に合わせることができるので
今年分として受領してもらうことができます。

クレジットカードの場合は
申し込み日にすぐに決済できるので

基本的に受領日が
申込日としてカウントされます。

ただ、先にも話をしたように
年末の締め切り日は自治体によって様々です。

12月31日になる前に
締め切りを設けている自治体もあるので
各自治体の年末の対応はチェックしておきましょう。

まだ間に合う!クレジットカード決済可能なふるさと納税はこちら>>>さとふる

ふるさと納税で年末の寄付でも間に合う為の裏技は?

ふるさと納税で
今年の税金の控除をうけるためには

1月1日から12月31日までに
寄付金を支払い受領してもらうのが必要です。

まだ日にちがあるからと言って
安心していると痛い目を見てしまいます。

ふるさと納税は、年末にかけて
申し込みが殺到するのです。

あなたも今この記事を読んでいるということは
駆け込みで寄付を考えているということですよね?

同じように年末の今の時期は、
今年分のふるさと納税の限度額が確定する人が多いので
ふるさと納税の申し込みがラッシュなのです。

だいたい11月頃から
このラッシュが始まるのですが

たくさんの人がふるさと納税をするということは
それだけ返戻品である特産品が品薄になってしまうということ。

だいたいふるさと納税の返礼品は
数量が決められています。

人気のある還元率の高い特産品なんて
特にこの時期になると品切れになっていることが多いです。

ふるさと納税都城市の豚肉のおすすめと還元率と発送や届く日は?
ふるさと納税のお礼で有名な都城市の豚肉。その中でもおすすめの豚肉を照会します。 還元率や発送日時についても実体験のもとまとめています。

品切れになってしまうと
翌月まで入荷されないことがほとんどなので

年末ぎりぎりにふるさと納税に申し込むと
お得な返戻品がもらえず、

欲しくもない返戻品を選ばざるを
得ないことも起こりうるわけです。

せっかくふるさと納税をするのだから
早めに寄付をして選ぶことをおすすめします。

必見!年末のふるさと納税の裏技

ここからが裏技になるのですが
年末ぎりぎりにふるさと納税の寄付をして

狙っていた特産品が品切れだったり
お得な特産品がない場合は

無理に特産品を今選ばなくてもいい方法があります。

ふるさと納税はやるべきか?欲しいものがない人必見のアノお礼
ふるさと納税で欲しいものがないからやる意味がないなんて思っていませんか?魅力を感じる特産品がない場合のおすすめのふるさと納税の使い方についてまとめています。

それが、ポイントに替えておく方法です。

ふるさと納税で寄付をしたお礼に
ポイントを返戻品としてもらうといえば
分かりやすいでしょうか。

ポイントを返戻品としてもらうので
特産品として「物」を貰っていなくても
ふるさと納税をしたことになるのです。

年末の駆け込みの寄付で
品切ればっかりでほしいお礼がない場合

欲しくもないものを貰ってまで
寄付しなくてもいいや…なんて諦めなくても

ポイントをお礼としてもらえる
自治体に寄付をしておくことで物を貰わなくても

その寄付は、今年分のふるさと納税として
カウントされるので今年分の控除となるわけです。

このポイントはポイントとして
ずっと保有することができるので

あなたが好きなタイミングで
カタログやホームページの中から
好きな商品に交換できるという仕組みです。

そしてあなたの好きなタイミングで
そのポイントを特産品と交換できるという仕組み。

しかも、このポイントは
翌年にまた寄付をしてポイントを返戻品としてもらえば

もともと持っていた50ポイントに
さらに上乗せして100ポイントとして扱うことができて
より高価な特産品と交換できちゃうのです。

すごく嬉しいサービスじゃないですか?
(サービスではないですけど…)

しかもクレジットカードの場合は
カード決済した日が入金日(受領日)になるので

駆け込みのふるさと納税には
もってこいだと思いませんか?

スポンサードリンク

年末ぎりぎりのふるさと納税で忘れがちな注意点

ふるさと納税でポイントをお得に貯める増量の裏技をコッソリ伝授
せっかくふるさと納税をするなら、よりお得にポイントもためたいと思いますよね。 ここではふるさと納税のお得なポイントの貯め方をまとめています。

年末ぎりぎりにふるさと納税をして
クレジットカード決済をして

なんとか年末の締め切りに決済が間に合った~!!

っと安心している人は特に
要注意なのですが

ふるさと納税は寄付して終わり
寄付したら勝手に税金が控除されるわけではありません。

手続きが必要になってくるのです。

年末のバタバタモードで
うっかり忘れがちなので注意してほしいのですが

ふるさと納税にはワンストップ特例制度
という確定申告をしなくてもいい制度というものがあります。

あなたが確定申告をするのであれば
ちょっとゆっくりしてても大丈夫。

確定申告の時期までは
まだ時間の余裕がありますよね。

でも、ワンストップ特例制度を
利用して確定申告をしない人の場合は
うかうかしていられません。

というのもワンストップ特例制度を
利用する場合は

寄付をした自治体に
ワンストップ特例制度の申請書を
送る必要があるわけです。

しかもその期限が翌年の
1月10日までなのです。

ふるさと納税をすると
その都度自宅に寄付をした自治体から
用紙が送付されてくるのですが

この書類を記載した状態で
ふるさと納税で寄付をした自治体に
1月10日までに返送しなければいけないのです。

年末ぎりぎりに
ふるさと納税の寄付をした場合

年末は市役所などもバタバタしていますし
年末年始もお休みもありますよね。

自治体側も年明けに処理することが
ほとんどですので

ワンストップ特例制度の申請用紙が
自宅に送られてくるのもギリギリになるわけです。

届いたら必要事項を記入して
すぐ返送しなきゃいけないわけです。

なので、決済が締め切りに
間に合ったからといって安心できないわけです。

ワンストップ制度の申請書を
1月10日までに自治体に必着でないと
確定申告が必要になります。

こればっかりは自治体の対応のスピードや
あなたの対応のスピードにもよるので
何とも言えませんが頭に入れておくといいと思います。

ワンストップ特例制度の申請書が
間に合わない場合は

確定申告をしなければ
税金の控除は適用されませんので!

ふるさと納税の年末の締め切りのまとめ

ふるさと納税を年末の締め切りは
だいたいの自治体が12月の中頃です。

ただ、クレジットカード払いであれば
12月31日の年が明けるギリギリまで申し込み可能です。

年末ぎりぎりの寄付は
ワンストップ特例制度の申請が間に合わない場合があるので
その辺りも意識して計画的に寄付をしましょう。

スポンサードリンク