ふるさと納税の還元率の目安と調べ方と最高に還元率が高い品は?

ふるさと納税をしようと
思ってるけど

いざ寄付するとなると
どのお礼をもらおうか悩んじゃう…。

せっかく頂けるのなら
お得なものを選びたいけど

たくさんある特産品の中から
何をもらったらお得なのかわからない…

一体何を選んだらいいの?

このようなお悩みを
お持ちではありませんか?

ここでは、ふるさと納税を
するときに選ぶ特産品の還元率の目安や

お得度を知るための
還元率の調べ方をまとめています。

スポンサードリンク

ふるさと納税の還元率の目安はどれくらい?

ふるさと納税のお礼は
寄付することでついてくる
副産物のようなもので

2000円の自己負担だけで
色んな自治体の特産品がもらえます。

もらえるだけでも
ありがたいものだし

安いものであっても高い物であっても
結果的にはお得なんだけど

やっぱり欲がでちゃいますよね( *´艸`)

せっかくもらえるなら
少しでもお得な品物が欲しい
と思うのが人ってもんです。

1万円寄付して頂けるお礼は
同じ豚肉であっても質や量が
全然違ってくるわけです。

迷っちゃうのも無理ないです。

わたくしマニ子の
独自調査の結果によると

ふるさと納税をして
もらえるお礼の還元率の目安は
だいたい30%から60%くらいでした。

ということは、
10,000円のふるさと納税をすると
3,000円分~6,000円分は
返戻品として手元に返ってくることになります。

色々見た感じでは
還元率が40%くらいあるものは
還元率が高い部類に入るかな~という印象です。

まぁ考え方は人それぞれですし
私なんかは質より量を重視するので

還元率がすべてでは
ないとは思うんですけどね。

たとえば、1万円をふるさと納税で
寄付した場合のお礼が

・高級牛肉100gで還元率80%
・鶏肉5㎏で還元率40%

この場合は還元率的にいうと
高級牛肉のほうがお得なわけですが
マニ子なら鶏肉5㎏を選びますしね。

てな感じで、どケチ根性まるだしの
マニ子みたいに考える人もいれば
そうじゃない人もいるわけです。

何を選ぶのかは結局は
あなた自身が決めるわけで

還元率はあくまでも
参考の目安として使う感じになるわけです。

還元率が高いからって
必要のないものをもらっても
もったいないだけですしね。

還元率100%の掃除機があったとしても
今のマニ子家に必要のない物は
もらっても仕方ないものになってしまうのです。

ふるさと納税はやるべきか?欲しいものがない人必見のアノお礼
ふるさと納税で欲しいものがないからやる意味がないなんて思っていませんか?魅力を感じる特産品がない場合のおすすめのふるさと納税の使い方についてまとめています。

ふるさと納税の還元率の調べ方

いざふるさと納税をしようと思っても
お礼の品を選ぶときの目安になる
還元率を公開しているサイトはほとんどないのが現状です。

ちょっと前までは
高還元率特集~♪イエーイ!

みたいな感じで特集が
組まれたりしていたのですが
今はそんな特集はないに等しいです。

お礼の品個々のページにも
もちろん還元率なんてのっていません。

というのも、ふるさと納税を悪用する
悪いやつらが出てきてしまって

還元率が高い返戻品を狙って
欲しくもない特産品を次々に手にしだしたんですね。

で、それを転売してお金にかえちゃう
人が出てきちゃったんですね。

それが問題視されるようになって
対策として還元率を公開しない仕組みに
なってしまったのです。

まじめにやってる私たちからすると
本当に迷惑極まりないですよね。

還元率が分からないと
やっぱりすごく不便です。

正確な還元率がわからない今、
ネットで同等の商品を探して
いくらなのか調べて考えるしかないんです。

こんな風に地道に気になる特産品の
相場の金額をちびちび調べるのも
ひとつの手ですが

実はあるところを見ると還元率の高い
お礼の品がサクッとわかっちゃうんです。

それが、人気ランキングです。

ふるさと納税ができる各サイトには
人気ランキングなるコーナーがあるので
そこをのぞいてみればいいのです。

人気があるということは
還元率も高いということ。

だからランキングの中から
目ぼしい特産品を選べばOK。

ランキングはランキングでも
カテゴリ別に分けられているので

お肉が欲しいと思うなら
お肉の人気ランキングを見て

魚介類が欲しいと思うなら
お肉の人気ランキングを見ればいいのです。

あれこれ悩んだり調べたり
するのが面倒ならランキングから
選べば間違いありません。

さらに、ランキングをじっと
見ているとあることに気が付くと思います。

わかりますか?

人気ランキングに入っている商品を
お礼にしている自治体は
だいたいが同じ自治体であること。

あなたは気が付けましたかね?

そうなんです。

還元率が高くて人気がある特産品は
基本的に自治体も同じなんです。

だから、ランキングに入っている
返戻品から必ず選ぶ必要はなく

ランキングのその商品から
その自治体のページに飛んで行って

還元率を高く設定している自治体の
お礼の品の中から欲しい特産品を選べばいいのです。

私の調べ方としては
いつもの生活を基本にして考えます。

高級品はもらわずに
普段使うような特産品をチョイスする派の
マニ子の還元率の考え方です。

まず、お米をもらおうと決めますよね。
寄付する金額も今回は1万円と決めます。

うちの場合、
普段のお米はコシヒカリ。

10㎏で約4,000円程で
購入しているというのがまず基本。

ふるさと納税のサイトの
お米のランキングを見て見ると

1万円の寄付で10㎏のところや
15㎏のところや20㎏のところがあります。

それ以上のところは
ないかな~という印象を
ここら辺で頭に置いておきます。

でもコシヒカリじゃない
お米も混じっているわけです。

旦那がコシヒカリに
こだわるので、コシヒカリは外せません。

なので特産品の検索窓で
「コシヒカリ」と検索してみます。

ずらずらずら~っと
各自治体が特産品として扱っている
コシヒカリが出てくるわけですよ。

コシヒカリであれば
産地にはこだわらないので

この一覧の中から
1万円の寄付で20㎏をお礼でくれる
自治体を探し出すわけです。

普段4,000円ほどで
お米を購入しているので

10㎏なら40%の還元率ですし
20㎏なら80%の還元率になりますよね。

ふるさと納税の還元率の
目安は30%から60%なので

どちらも還元率は高い方
に含まれるのでどっちでも
お得の部類に含まれます。

マニ子は質より量を重視するので
20㎏のコシヒカリをもらえる自治体に
ふるさと納税をするという感じです。

あとですね、
ふるさと納税で高還元率で
お礼の品をもらうには

こまめにサイトを
チェックするのがおすすめです。

高還元率のお礼っていうのは
やっぱり数量限定なんですよね。

数に限りがあるので
早い話、早いもの勝ちなんです。

超お得!っと思って興奮して
個別ページを開いたら「売り切れ」の文字が
出てくることも多々あります。

その時のショック度といったら
はんぱないですよ…(◎_◎;)

毎月の数量が決まっているところは
月初めに更新したり、

サイト上に次の寄付開始の時期が
記載されていたりします。

1回売り切れてても
諦めなくても大丈夫なこともあります。

スポンサードリンク

ふるさと納税の還元率で最高なのは?

ふるさと納税の還元率は
だいたい30%から60%が目安です。

40%あれば還元率は高い
ほうになるわけですが

調べてみると
かなりの高還元率になる特産品も
ちらほらあります。

よく探せば穴場の特産品も
意外とみつかるものなんです。

雑誌やテレビで紹介されているような
高還元率の特産品は

更新されてもすぐに売り切れてしまい
なかなか手に入らないことが多いです。

私も雑誌にのってた
宮崎県の鶏肉セットみたいなのを
頼もうとおもったら売りきれでしたしね…。

高還元率と言えば、さきほどのお米も
還元率80%なのでかなりお得ですよね。

お米は生活必需品なので
1万円あたり20kgのお米がもらえる自治体は
人気があります。

ちょこちょこ出没する
特産品なのでおススメです。

わたしがふるさと納税を
するにあたって自分で調べた中では

やっぱりお米の還元率が
最高かな~という感じです。

ただ、色々調べてみると
還元率が100%を超える特産品も
ときどきあるみたいです。

量より質が重視の
高級牛肉とかで100%超えが
あったりするみたいです。

数量限定だったり
スタートの時間が決まっていたりで
なかなか手に入らないみたいですが…。

マニ子の場合は質より量なので
量より質の特産品には網を張ってないので
なかなか気が付きませんが(汗)

いや~でも、どんな高級肉でも
1万円払ってステーキ3枚とかじゃ
やっぱりお得感がないんですもん( ;∀;)

貧乏性ですわ…。

ふるさと納税の還元率のまとめ

ふるさと納税の特産品の還元率は
返戻品の値段が公開されていないこともあり
正確に割り出すのは難しくなります。

調べるのであれば
同等の品をネットで調べて地道に
考えるしかないのですが

人気ランキングをみれば
還元率が高い特産品が人気になっているので
サクッと探し出すことができますよ。

ただ、期間限定や数量限定の返戻品は
還元率が100%を超える場合もあるので

特産品はこまめにチェックしておくのを
おすすめします(^^♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする