花粉症の市販薬のotc商品と効果抜群の点鼻薬や点眼薬をコッソリ伝授

花粉症で鼻がムズムズ、目がかゆ~い。

でも病院を受診するほどでも
ないから毎年市販の薬を飲んで乗り切っているあなた。

今年からはじまった
セルフメディケーション税制対象の
花粉症薬にかえてみませんか?

辛くてやっかいな花粉症を
市販薬で乗り切るつもりなら

いつも飲んでるその薬をOTC医薬品に変えるだけで
花粉症対策だけでなく節税にもつながるのでお得です。

ここでは花粉症の市販薬のotc商品と
効果抜群の点鼻薬や点眼薬をまとめています。

今年はOTC医薬品の花粉症薬を飲んで
花粉症対策と同時に節税対策もはじめませんか?

スポンサードリンク

花粉症の市販薬でotc商品には何がある?

花粉症のお薬といえば
抗ヒスタミン薬ですよね。

花粉症は花粉を吸い込むことで
気管支や鼻の粘膜に付着したり
皮膚についたりすることで症状がでます。

ヒスタミンという化学伝達物質が
からだの中にある細胞を通じて出されることで

くしゃみや鼻水などといった
花粉症のアレルギー症状が出ちゃうわけです。

そのヒスタミンに直接作用して
辛い症状を素早く解消してくれるのが
抗ヒスタミン薬なのです。

ここでは、抗ヒスタミン薬で
市販で購入できる花粉症薬を紹介しますね。

・アレグラfx

アレグラfxは市販の花粉症薬の中でも
知名度ナンバー1のお薬ですよね。

抗アレルギー薬の特徴として
眠気が起こるという副作用があるのですが

アレグラfxはこの
眠気が起きにくい薬として有名です。

仕事をしていたり
車の運転をする人にとっては
眠気が出るものは避けたいところですよね。

アレグラFXは抗ヒスタミン薬に
分類される花粉症薬の中で一番眠くなりにくい薬
だといわれています。

・アレジオン

アレジオンはCMでもおなじみなので
知っている人も多い花粉症薬ですよね。

アレジオンの特徴としては
1日3回、1日2回の服用が必要な
その他の花粉症薬とは違って

1日1回の服用でOKなので
人気のある花粉症薬になります。

こちらもアレグラFXと同様
眠気が少ない薬とされています。

ただ、医療用のお薬と比べると
花粉症に有効な成分の量が半分だけなので

処方箋でもらう薬と比べると
効果はうすくなってしまいます。

・スカイナーAL錠

スカイナーAL錠は花粉症や
アレルギー性鼻炎、じんましんなど
アレルギー症状全般に使用する薬です。

アゼラスチン塩酸塩という
有効成分が含まれていて

医療用でいうアゼプチンという
成分の薬を指します。

この薬はちょっと前に人気があった薬で
最近はあまり使われていない薬になります。

副作用として眠気が出てることから
最近はスカイナーAL錠よりも

眠くならないアレグラFXやアレジオンを
使う人が多くなっています。

セルフメディケーションのレシートマークは?領収書が手書きの場合は?
新しく始まったセルフメディケーション制度。 控除を期待してやってみようと思ってるけどレシートの何がどうなっているのが対象で 手書きレシートとかだとどうなるの?なんてお悩みを解決します。

花粉症の点鼻薬のotc商品には何がある?

花粉症は花粉症だけど
鼻水や鼻づまりだけ醜い場合は

内服薬に加えてピンポイントで
治療ができる点鼻薬を使うのがおすすめです。

花粉症の点鼻薬には
大きく分けて3種類の種類が
市販されています。

1つ目は、ステロイド
2つ目は、血管収縮剤
3つ目は、抗アレルギー薬

花粉症の鼻水・鼻づまりを
解消するのであればステロイドの点鼻薬が
おすすめです。

最初にステロイドの点鼻薬を使ってみて
それでもよくならない場合は血管収縮剤を
使用していく感じがいいと思います。

ステロイドっていうと
使っちゃだめなんじゃないの?

なんてあまり良いイメージが
ありませんが

短期間で、ピンポイントで
使う分には何も怖いことはないので
安心して使ってくださいね。

最初に使う点鼻薬としては
最も効果が期待できるはずです。

・コンタック鼻炎スプレー(10ml)

コンタックのお薬は
一度は誰もが飲んだことがあるのでは?
という位有名だと思います。

コンタック鼻炎スプレーは
コンタックブランドで初めての
スイッチOTC医薬品です。

病院などでも長年使用している
抗炎症・抗アレルギー作用のある
成分を日本で初めて配合した点鼻薬です。

朝起きてシュッ!寝る前にシュッ!
と1日2回の使用で効果が長持ちします。

日中に点鼻薬の使用を
しなくてもいいので楽ちんですね。

・パブロン鼻炎アタック

日本の一般医薬品として
初めてステロイドを医療用と
同じ濃度に配合した点鼻薬です。

鼻に直接スプレーするので
炎症部分でよく効いて分解されやすいです。

スポンサードリンク

花粉症の点眼薬のotc商品には何がある?

花粉症の症状が目に現れている場合は
目薬の使用がおすすめです。

ただ、目薬は症状に分かれていて

かゆみがある場合は
かゆみを抑える目薬を

充血している時は
充血をとる目薬を

という風に症状に
合わせて選ぶ必要があります。

また、明らかに花粉症が原因だと
わかっている場合には

アレルギー専用の目薬も
あるのでアレルギー用の目薬を
選ぶといいですよ。

ちなみに市販の目薬の場合は
思っている以上に効果は現れにくいです。

というのも、医療用のものが
あまり市販品として販売されていないんですね。

なのでどの目薬を使っても
飲み薬や点鼻薬のような高い効果は
得られないと思っていたほうがいいですね。

気休め程度…と思っているのが
無難なのかなと思います。

・ロートアルガードプレテクト

色々ある目薬の中でも
花粉症にはこれかな~と思います。

目薬にはあまり医療用で
使われているような成分は使われないのですが

ロートアルガードプロテクトには
医療用にも含まれる成分である
「トラニラスト」が配合されています。

しかも、
処方薬と同じ濃度で
配合されているのも特徴です。

花粉症の症状が出てから
目薬をするだけでOKなのですが

花粉症が発症する2週間ほど前から
予防として点眼しておくと

花粉症ピーク時の症状を
和らげることができるそうですよ♪

花粉症の市販薬でOTC医薬品は?

2017年から始まった
セルフメディケーション税制。

どうせ花粉症でお薬を買う必要があるなら
ちょっとでも得したいですよね。

花粉症は長期戦です。

年間1万2,000円以上のOTC医薬品の購入で
確定申告をすれば税金が減額になるので

花粉症薬を市販で買うなら
OTC医薬品であるセルフメディケーション対象商品を
買うようにしましょう!

そして必ずレシートはとっておいてくださいね。

スポンサードリンク