固定資産税のクレジットカード支払いで安くする方法とポイント取得方法は

家や土地を所有していると
かかってくる税金、固定資産税。

今年も恐怖の固定資産税の金額の
決定通知が届きましたね。

毎年、まとまった金額が
必要になってくるわけだけど

クレジットカードを使って
何とかうまい事お得に支払うことができないかな~
なんて悩んでいる人も多いはず。

ここでは、固定資産税を
クレジットカードで支払って
固定資産税を安くする方法と

さらにポイントを貯めて
よりお得にする方法をまとめています。

スポンサードリンク

固定資産税はクレジットカードで支払いはできる?

固定資産税というと
結構な金額の税金の請求になるわけですが

わたしのように古くて狭い家に
住んでいれば、そこまで家計の負担になる
ということはありませんが

新築のお家に住んでいたり
広いお家に住んでいる人からすると
この季節は本当に恐怖ですよね。

年4回の分割納付ができると言っても
そもそもの税金の金額が大きいと
支払うのも大変ですよね。

わざわざ銀行に行って
お金を引き出したり移動させたりって
色々と面倒ってのもありますよね。

この、固定資産税をクレジットカードで
支払えたら便利なのにな…

なんて考えたことがある人も
いるのではないでしょうか。

実は、市区町村を中心に
少しずつではありますが固定資産税などの
税金をクレジットカードで支払える自治体が
ここ数年で増えてきているのです。

固定資産税だけでなく、住民税や、自動車税、
おまけにふるさと納税なんかも
クレじっとカード対応になってきてるんですよ。

ただ、全国すべての自治体が
クレジットカード対応になっているわけではないので

あなたのお住まいの地域で
クレジットカード対応をしているのかは
調べてみないとわからないのは事実です。

東京都は、特にクレジットカード対応が
進んでいて、インターネット上から
固定資産税の支払いを済ませることができます。

「都税クレジットカードお支払いサイト」
というサイトがあって必要事項を入力するだけで、
固定資産税の支払い手続きが終了します。

後はカード会社の締め日に合わせて
カード会社から請求されて、指定の口座から
後日引き落としになるという仕組みですね。

このように、自治体によって
クレジットカード対応のところが増えているのですが

実は、自治体のクレジットカード決済の
システムを使って固定資産税を支払うと
決済手数料がかかっちゃうんですね。

金額としてはそこまで高額ではありませんが
毎年支払う固定資産税を長い目でみると
結構な金額になっちゃうので注意が必要です。

ちなみに、東京の場合で
納税金額が1万円以下で78円、
1万円以上2万円以下の場合157円の
手数料が発生することになります。

固定資産税を安くする方法は?

固定資産税などの決められた税金を
安くする方法は正式にはないのが現状です。

所得税や住民税などは
節税対策をすれば減らすことができますが

固定資産税って途中で
安くするのは難しいです。

税金には割引キャンペーンとかは
ないですからね…。

ただ、新築物件の場合は
税金の軽減措置が設けられているので

新築で家を建てた場合は
一定期間、固定資産税を安くすることができますし

これから紹介する
クレジットカードを使った支払い方法を使えば

税金そのものの金額は変えられないけど
別の形でお得に出来る方法はあります!!

避けて通れない税金の支払いですから
少しでもお得になる方法で支払いましょう( `ー´)ノ

スポンサードリンク

固定資産税をクレジットカードで払ってポイントを貯める方法

固定資産税の税金の金額は
わたしたちがどうあがいても
金額を安くするというのは難しいです。

ただ、クレジットカードを使えば
税金の金額は減らせなくても

カードのポイントを貯めるという
キャッシュバックのような形で
支払った税金を還元することができちゃうのです。

あなたはクレジットカードで
お買い物ってしますか?

クレジットカードを使って
普段からお買い物をしている人であれば
よく知っていると思いますが

クレジットカードで支払いをすることで
クレジットカード会社でのポイントがたまりますよね。

このポイント制度を利用するのです。

固定資産税を現金で支払ったり
口座振替で支払ってしまうと
ただただ税金をそのまま払うだけですが

クレジットカード払いをすることで
ポイントを貯めることができます。

貯めたポイントを商品券に替えたり
ポイントでお買い物をすることができます。

固定資産税のような金額が大きいものの
支払いだと結構簡単にポイントがたまるんですよ( *´艸`)

クレジットカードで支払えば
普通に現金で払うよりも断然お得ということが
分かって頂けたと思うのですが

ここからさらにお得に
固定資産税を支払う方法があるんですね。

その方法が、
カードはカードでもクレジットカードではなく
電子マネーで固定資産税を支払う方法です。

まず、クレジットカードで電子マネーカードに
お金をチャージしますよね。

そしてコンビニで電子マネーカードで
固定資産税を支払います。

そうすることで、クレジットカードにも
ポイントが貯まって、電子マネーカードにも
ポイントが貯まって2重にお得になるわけです。

電子マネーカードには
nanacoカード、T-POINTカード、WAONカードなど、
色々ありますが

中でもおすすめなのが
セブンイレブンのnanacoカードですね。

nanacoカードは、入金(チャージ)に
クレジットカードが使えるのが特徴なんです。

ただ、入金も可能で
クレジットカードのポイントもつく
クレジットカードは限られてるんですね。

それが可能なのが楽天カードなのです。

nanacoカードと楽天カードの
組み合わせは固定資産税の支払いだけでなく

今後税金全般を支払っていくことを
考えると最強!っといってもいいくらいです。

楽天カードは楽天カードでも
VISAだとこの方法は使えないので
必ずJCBで作ってくださいね~(^◇^)

>>楽天カードを今すぐ作るならこちら
(今こちらから申し込めば7000ポイントもタダでもらえます♪)

楽天カードをnanacoカードの
準備がて来たら

・nanacoカードに楽天カードでチャージする。
・nanacoカードでセブンイレブンで固定資産税を支払う

たったこれだけです~。

これでクレジットカードでチャージした分は
支払い扱いになるのでクレジットカードの
ポイントをゲットできるわけです。

楽天カードなのでもらえる
ポイントは楽天ポイントになるので

貯まったポイントは
楽天市場でのお買い物に使えるわけです。

私みたいに楽天でよくお買い物を
する人にはとくにおススメの方法です。

年間で支払う税金を考えると
固定資産税だけでなく
自動車税や住民税もありますし

ガスや水道料、国民健康保険料など
クレジット払いができるものがたくさんありますよね。

これらすべてを
クレジットカードで支払うことを考えると…

ウシシなことになるのは
あなたにもわかりますよね( *´艸`)

固定資産税のクレジット払いのまとめ

ここ数年間の間に
固定資産税などの税金をクレジットカードで
支払える自治体が増えてきました。

コンビニで納付できる自治体がほとんどなので
チョットでも(いやかなり)お得に納税したいのであれば
クレジットカードでの支払いが本当におすすめ!

スポンサードリンク