ふるさと納税が高額所得者が有利で優遇される理由と衝撃真実

ふるさと納税が高額所得者が有利で優遇される理由と衝撃真実

今、なにかと話題のふるさと納税。

税金を節税できるということで
話題になっていますが

高額所得者であればあるほど
実質の負担金額は変わらないのに

限度額が大きくなって
たくさんの返礼品が貰えてずるい!

なんて話もよく耳にします。

ここでは、なぜ高所得者に有利な制度となり
高所得者が優遇されているのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

ふるさと納税が高額所得者が有利だと言われる理由

ふるさと納税が高額所得者に有利な制度で
高額所得者が優遇されているのでは?

なんて巷で問題されているのを
あなたは知っていますか?

ふるさと納税の限度額は
年収(所得)によって変わってくるので

高額所得者の人たちの
限度額が大きくて、

低額所得者の人たちと同じ
実質の負担金額で

より多くの特産品をお礼の品として
もらえてしまうのだから

確かに有利だとか優遇されている
と言われる理由は分かる気がしますよね。

ふるさと納税の返戻品の中には
10万円の寄付でもらえる返戻品や
100万円の寄付でもらえる返戻品もあります。

私たち一般庶民がそれだけの高額な金額を
寄付することなんて無理なので

高額な特産品をもらうのも
無理ですからね(;^ω^)

高額所得者の人は
ふるさと納税の限度額が大きいため

寄付できる金額が違うので
貰える返戻品のランクもあがり

もらえるものも、もらえる量も
私たちとはケタ違いなの確かに有利なのです。

スポンサードリンク

ふるさと納税で高額所得者が優遇されるのはなぜ?

ふるさと納税で高額所得者が
優遇されているのではないか

なんて世間で問題視されていますが
どうして優遇されているのか
考えてみたことがありますか?

私は「問題視」されているのが
ちょっと引っかかっていたりします(;^ω^)

高額所得者の人は普段から
私たちより多くの税金を支払っていますよね。

日本では収入が上がれば上がる程
税金を多く負担しなければいけない「累進税率」
と呼ばれる方法が採用されています。

一般的な税率は10%から20%程なのですが
1000万円超えの高額所得者の人は

33%から45%の税率で
支払う税金額が計算されているのです。

つまり高所得者ほど
税金を多く負担していて

払っている税金自体多いし
税率も高いのです。

あなたが税率10%として
持っている10,000円から

税金を支払う場合は
税金の金額は1000円ですよね。

高額所得者の人で40%の税率の人は
10,000円持っていたら
4000円の税金を払っている

ということになります。
極端な話…ですけど考え方としてはこうです。

ただ単に、お金もちなんだから
いいじゃんか!なんて思ってしまいがちですが

約半分近くも税金として
国に納めているのだから

ふるさと納税で優遇されても
いいのでは?っと思ってしまう私です(;^ω^)

だって、ふるさと納税をしたところで
どんなに高価な返戻品をもらったとしても

確かに有利だけど税金を取り戻せる
ほどのことではありませんよね。

それに、高額所得者の人は
支払っている税金の金額が
わたしたち一般庶民より多いのに

その税金を使うことさえも
制御されてしまっているんですよ( ;∀;)

一生懸命頑張って収入を得て
言われた通りにたくさんの税金を
収めているのに

その税金を使わせて
もらえないなんて悲惨すぎません?

たとえば、児童手当がもらえない、
子供の医療費は自己負担、保育料は高額。

などなど、高額所得者にとって
不利なことって結構あるんですよね。

年末調整や確定申告の際の
配偶者控除なども収入によって制限されますし。

もちろん払える人が払って
経済的に苦しい人をサポートしていくのは
大切なことがと思いますが

高額所得者を優遇するちょっと
有利な政策が少しくらいあっても
いいのではないかと私は思います(^^)/

まとめ

ふるさと納税は収入が多ければ多いほど
限度額が大きくなるので
収入が大きい高額所得者には有利な税制となっています。

高額所得者にとって有利といっても
普通のサラリーマンであっても

多少とはいえ節税できる点では
お得な制度となしますので是非うまく活用してくださいね(^^)/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする