ふるさと納税の限度額を超えたらどうなる?超過した場合のお金の行方

今注目を浴びているふるさと納税。

年末最後のお給料が確定しした時点で
正確なふるさと納税の寄付金額の限度額が判るため

年末に慌てないように前もって
寄付をしていた場合、思っていた限度額よりも
超過して寄付をしてしまっていることってありませんか?

スポンサードリンク

ふるさと納税の限度額をこえたらどうなる?

ふるさと納税の寄付は、限度額以内の寄付で
実質2000円の負担のみで特産品が貰えるうれしい制度。

人によって限度額が決まっていて
一定の金額いないの寄付であれば

自己負担の2千円を除いて
寄付した金額が所得税や住民税から控除される
という制度になります。

年収や家族構成、既婚か独身か
など、限度額の計算には様々な項目を
合わせて計算するので

同じ年収でも既婚か独身かで
限度額が違ってきますし

子どもがいるかいないかでも
限度額は変わってきます。

限度額の計算に関しては
「さとふる」などのふるさと納税の
ポータルサイトで自動で計算してくれるので

自分で電卓をたたく必要は
ないのですが

実は、ふるさと納税の限度額って
寄付した年の収入が計算の中で使われるので

正確な限度額というのは
12月のお給料が確定して1年間の年収が分かった時点でしか
わからないんですね。

なので年末のふるさと納税は
かなり込み合って、ポータルサイトへの接続が難しくなったり

欲しい特産品が売り切れてしまったり
じっくりとお礼の品を吟味できないのがデメリットなんですよね。

それに、限度額が大きければ
それだけ多くの特産品がもらえるわけで

年末の時期に一度に
複数の自治体に寄付をしてしまうと

特産品が届く時期もかぶってしまって
品物によっては冷蔵庫や冷凍庫に入らず
保管に大変な思いをしてしまいます。

それを避けるために
ふるさと納税の限度額の目安を先に計算して

ある程度の寄付を早い時期から
少しずつ行っている人も多いです。

実際に私も、1,2か月に1回のペースで
早い段階から寄付をして年末にラストスパートで
限度額に収まるように調整しています。

ただ、場合によっては年末のお給料が確定したあとに
目安にしていた限度額より、年収確定後の限度額が下回っちゃうこともあります。

たとえば、生命保険料控除や住宅ローン控除など
各種控除について目安の限度額を計算するときに考えていなかった場合など。

どこか計算が間違っていて
限度額を超えて寄付してしまうことがあるのです。

限度額を超えてしまわないように
もし目安の限度額が6万円なのであれば

年末のお給料が確定するまでには
4万か5万ほどの寄付に抑えておけば上限を超える可能性は低くなります。

もし、ふるさと納税の寄付の上限を超えてしまっても
得に問題はありません。

上限を超えてしまった分の寄付金は
あなたの所得税や住民税から控除はされず

単純に本当に寄付をした
ということになるわけです。

上限を超えてしまうと
自己負担金が増えるだけで誰の迷惑にもなりませんし

特産品としてお礼を頂けていることを思うと
「損」というのもちょっと違いますよね。

スポンサードリンク

ふるさと納税で限度額を超えた分のお金はどうなるの?

ふるさと納税は限度額まで寄付をすれば
自己負担である2000円を除いたお金は

税金から引かれてもどってくるので
お礼の品が無料でもらえているようなもの。

かなりお得なので
このお得なふるさと納税の仕組みを知っていると
限度額を超えると「損」した気持ちになってしまいますが

限度額を超えてしまった分が
全て無駄になるわけではないのです。

もし、10万円を限度額にしてふるさと納税ができるとしたら
通常であれば自己負担の2千円を引いた9万8千円が
所得税や住民税から控除されますよね。

これは2千円を支払うことで
特産品を10万円分もらえるということ。

還元率を考えると平均して
3割くらいと言われているので

2千円で3万円のお買い物が
できたと思えばかなりお得ですよね。

3割よりも高い還元率のところなんて
山ほどありますからうまくやればもっとお得かもです( *´艸`)

普通に寄付をしてお礼の品を
頂いていることになるので実際は損ではないんですね。

まとめ

ふるさと納税の寄付金は限度額を超えると
通常の寄付となり超えた分の自己負担が増えることになります。

とはいっても、控除の金額や
お礼の品を頂いていることを考えると損しているわけではありません。

損していなくても
よりお得にふるさと納税を活用していきたいので

目安の限度額がわかったら正確な限度額が確定するまでは
目安の限度額のぎりぎりまで寄付するのは避けて
余裕をもった寄付を計画して行いましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする