ふるさと納税で中之条町の感謝券を返戻品にした人のリアル感想

ふるさと納税で中之条町の感謝券を返戻品にした人のリアル感想

群馬県の中之条町に寄付をして感謝券を

もらいたいな~なんて思っていませんか?

でも実際のところどうなの?って寄付する前って

不安になっちゃいますよね。

ここでは実際に群馬県中之条町に寄付をして感謝券をゲットした人に

実際どんな感じだったのかを聞いてみました。

スポンサードリンク

ふるさと納税で群馬県中之条町の感謝券を返戻品に選びました。

寄付金額は60,000円です。

中之条町ふるさと寄附感謝券 寄附額の3割相当分
※感謝券は入金額1,000円未満の額を切り捨てて計算し、発行します。
※感謝券の発行は1,000円単位となります。
詳細については、下記に記載していますのでご確認ください。

なぜ群馬県中之条町に寄付をしたの?

.群馬県中之条町にふるさと納税したのは、

温泉が目的です。

東京からも1泊2日で充分に楽しめる距離にあり、

泉質も温泉地により様々で、

宿泊代やお土産げ代、レストランなどに

「中之条町ふるさと寄附感謝券」を利用できるからです。

有効期限も1年以上あるのでこれまで、

使い切れなかったことはありません。

ふるさと納税の寄付してからどれくらいで届きましたか?

返礼品が届くまでは1か月かかりませんでした。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を活用したいとお願いしし、

「市町村民税・道府県民税寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の返送も

スポンサードリンク

切手不要であったりと

ふるさと納税者への細やかな配慮を感じました。

群馬県中之条町に寄付して感謝券をもらった感想は?

ふるさと納税を始める前から、

温泉と豊かな自然を目的に中之条町に訪れることがありましたが、

ふるさと納税を始めてからは年2回くらい訪れるようになりました。

私は小規模な日本旅館が好きなので、

宿泊はいつもこじんまりした旅館です。

人々の優しさを感じ、アットホームなおもてなしを

いただいてるといつも感じています。

また、2017年10月から総務省通達にのっとって

お礼の品の返礼割合の変更で返礼品の条件は変わりました。

以前は寄附に対して返礼割合は60%程度で

「中之条町ふるさと寄附感謝券」寄付金の50%分と

お米やたまり漬中之条町の特産品が10%分でしたが、

現在の返礼品は30%分の「中之条町ふるさと寄附感謝券」です。

ただし、30,000円以上の寄付で準町民制度に加入ができ、

準町民制度加入に希望したら

町有施設の割引特典などを受けられる準町民証と

お米2Kg、たまり漬2種、軽井沢レアチーズケーキが届きました。

30,000円寄付した方の話ではお米1kg、

たまり漬3種が届いたようです。

中之条町はいろいろ工夫されています。

寄付の際はその30%が1,000円の

「中之条町ふるさと寄附感謝券」ですので、

12,000とか、42,000円とか3,000で割り切れる金額にすると

損した気分にならずに済みます。

基本は寄付は10,000円からですが、

金額を追加できます。

追加方法はサイトに寄って違うかも知れませんが、

ふるさとちょいすでは【寄附するリストに追加】欄に記入でできました。

これからも、中之条町の温泉と豊かな自然を楽しみに旅行したいと思っています。”

スポンサードリンク
関連コンテンツ

あなたにおススメの記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする