ふるさと納税の米子市民体験パックのリアル口コミを公開

ふるさと納税の米子市民体験パックのリアル口コミを公開

ふるさと納税に力を入れている自治体のひとつ、鳥取県米子市。

ここでは、米子市民体験パックを

ふるさと納税の寄付の返礼品として選んだ人の

実際の口コミを紹介しています。

スポンサードリンク

ふるさと納税の米子市民体験パック

米子市民体験パックは、地元企業協賛グッズ詰め合わせと

富有柿22玉(毎年11月頃送られてきます)です。

寄付した自治体は鳥取県米子市。

寄付金は1万円。

鳥取県米子市に寄付した理由は?

ここ四年程、毎年米子市にふるさと納税を納めています。

こちらは寄付金三千円で米子市民体験パックが送られてきます。

返礼品も豊富で選ぶのに迷うくらいです。

我が家は果物が大好きなので、

一万円で富有柿をいつも頼んでいます。

すると、詰め合わせと果物が送られてくることになり、

一万円のふるさと納税で二回返礼品を楽しめます。

米子市民体験パックはどれくらいで届くの?

米子市民体験パックはふるさと納税の手続き完了後(振込完了後)、

およそ二週間から三週間ほどで送られてきます。

富有柿は11月頃、収穫後に送られてきます。

人気の品は品切れ状態になることが多いので、

私は年度始めの四月頃申し込みます。

そうすると、春と秋に二度返礼品が届くので、お得な気分になれます。

米子市民体験パックを特産品として手にした感想口コミは?

前にも述べましたが、

米子市はふるさと納税に力を入れているようで、

返礼品も豊富にあります。

スポンサードリンク

対応も早いです。

私は振込手数料のかからない郵便振り込みを選択することが多いのですが、

振込用紙もすぐに送られてきます。

些細なことですが、振込用紙に住所と金額も印字されているので、

そのまま郵便局へ行って振り込むだけです

(自治体によっては、印字されていないところもあります)

そして、おまけのような米子市民体験パックですが、

これがなかなか侮れません。

今年の内容は、栗入りどら焼き、

大山みどりペットボトル500ml、栃の実茶125g、

マナソーププラス トライアルサイズ7g、

たまごの殻から生まれたOVOクリームミニ5g、

四季と酒の蔵 稲田屋天ぷら盛り合わせまたは刺身盛合せサービス券、

山陰海鮮炉端かば1000円分お食事券(有効期限なし!)、

米子水鳥公園入館券、米子市の特典チケット(多数あり)、

大山山麓の天然水等々、

頂いて嬉しくなるようなものばかりです。

特に1000円分のお食事券は有効期限なしなので、

何年か分をためておいて、

いつか米子市に旅行に行けたらなあ、と考えています。

もちろん、その時には様々な

米子市の特典チケットを使い倒したいです。

申し込み終了後、体験パックを楽しみ、

忘れた頃美味しくて立派な柿が22玉も届くローテは、

我が家にとって最適なようです。

ふるさと納税先として、米子市はおススメです。”

⇒ 米子市のふるさと納税の特産品はこちらから

スポンサードリンク
関連コンテンツ

あなたにおススメの記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする